FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしく。一葉です。

実は年末に大好きだった祖母が亡くなりました。

私の子供も旦那になる人とも逢わせてあげられなかったこと、
孫の中で唯一の独身である私。なんとなく、ばあちゃん孝行しきってなかったかなあなんて思うのです。
年齢的にも97歳と高齢でみんなには大往生だねなんていわれるけど、
私はもっとおばあちゃんといっしょにいたかった。
14歳から20年以上毎年夏休みを過ごし、田舎の子となって過ごした日々が忘れられない。何していいかわからない環境でいつもいつもばあちゃんの後姿を追っかけていたっけ。
ジャガイモ掘り、大根の種まき、風呂掃除、ご飯の支度、洗濯、朝の掃除、
ゴミ燃し(今はやっていけないらしいけど、当時はみんなそうしてました)、鋤・鍬で畑を耕したり、夕方の日本昔話を暗い部屋でふたりしてみてたっけ。いつでもそこにはおばあちゃんがいて。。。。
18年間ほとんど寝たきりだったけど、思い出すのは畑に出ていたころの80歳までのばあちゃんの姿。
息子も、娘もしらない、私だけが知っているばあちゃんの姿。

年齢的にも遠からず来ることだろうと覚悟していた。
悲しみに暮れてばかりだろうと想像していた。
だけど、ばあちゃんの亡骸を見て、触れて、
口をついてでてきたのは

「ありがとう」

もう冷たい、話せない、そう思うと悲しくて涙があふれたけど、
頬やおでこ、手を触りながら何回もつぶやいていた言葉

「ありがとう」

あのおばあちゃんがいなければ、母も、私もこの世には存在しなかった。
当時としては、ハイカラで、自立していた女じゃなかったのかなって思う。
もちろん、周囲の協力や理解がなければできなかったことだろうけど。
そして、やっと痛みや辛さから開放されてるよね?

亡くなる数日前に姉妹そろって逢いにいけたこと、まさか亡くなってしまうとは思っていなかったけど、言葉が交わせてよかった。

「18年も頑張っていたんだよね、みんなのために。
みんなのために生きていてくれてありがとう。」
スポンサーサイト

ご冥福を心からお祈りいたします。

でも本当によかったね。なくなる前にすこしでもあえてね
貴方も祖母に見習って、強くたくましく元気に明るく
生きていこうねw

でぁ、遅くなりましたが本年も貴方にとって良き年になりますように・・
2007/01/07 20:57 |るぱん #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。