上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ一葉です。
昨日の事を引きずりつつも遅刻もせずに働いてまいりました。
しかし、さすがに夕方近くなるとなんだかやる気がなくなり
仕事もひと段落したので時間休で帰っちゃおうかな~なんて思ったのですが、たった一時間・・・あふぉらしくなり簡単なデスクワークなどしながら終了時間を迎えました。

その最中に(列記とした仕事なんですけどね^^;)
コロコロのσ( ̄。 ̄) オイラとコロコロのお姉さま、もう一人のお姉さまが
狭い部屋で並んで仕事してたわけですよ。連携プレーでw
そのとき事務のおばちゃん(痩せていて女版イヤミ。マジで似てる)が横を通ったときに「ここで3人って言うのは・・無理があるんじゃないんですか?(つんつんしながら)」とのたまいやがった!
コロコロのお姉さまがそれに対して「うちらでっかいからね~~。」と
開き直ったように(ほんとはそうじゃないのよ~繊細な方でダイエット真剣にがんばってるし)返事をする。
その模様を見ていて

なまらむっきー

※注:意味は北海道出身者に聞いてください。 


一葉は事務のおばちゃんに
「あなたは痩せているから通れるでしょ?」と言い返してやった!
(実際通過してたし、言う必要ないじゃん!てめえ!(J-o-)J サァ コイ! コノヤロー!!ほんとはもっとカマシテやりたかった!!)

その後、テクニシャン(仕事仲間)のところに行った際、
何となく雰囲気でその人が意地悪な事や今までの鬱憤など
笑いながらぶちまけてお姉さま方と話しながら
だんだん自分の気分は(というか気持ちは)元気になっているな~って自覚しました。
前だったら凹みっぱなしだったし。
怒る、いやみをかわす、注意する、自分の思いを自由に言葉に出す、
それすらできないほど心が弱っていたし、パワーがなかった。

やられたらやり返す。

以前の一葉のポリシーだが、決していいことばかりではないし、
語感もよくないけれども、これがちょこっとだけ復活してきたってことは快方に向かっているのだなと感じたのです。

それにしても精神的にはしんどかったな~~^^;
帰りに先生のところに愚痴りに行ってしまいましたよ。

「よく今日出勤できたね~w心配してたのよ。
先日の事に対する怒りや思いだけに気持ちを向けないで
楽しい事や嬉しい事に目を向けて、今は仕事に関しては淡々とやって行きなさいね。」といわれて帰ってきました。

そして今。六一〇ハップ(むとーはっぷ。と読む。硫黄の入浴剤のようなもので、
疥癬の治療に使ったりもするものなんだけど、一葉はこの匂いがすきなのよ^^;)入りのお風呂に入っていい気分w

風呂上りにベランダで涼みながら(一葉は暑がりなのだ^^;)見上げる東京の星空は気持ちを何となく落ち着かせてくれるものです。
それに考えてみれば、今月は旅にも出るし、好きな人たちに会えるし、な~んだいいことばっかじゃんw
と無理やり気分を盛り上げています。


日ごろおつかれの皆さん、
たまには星空見上げてみてはいかがですか?


※疥癬:【 疥癬 】
疥癬は「ヒゼンダニ」というダニの1種が、人の皮膚の最も外側の角層内に寄生するためにおこる、人から人にうつる感染症です。
ヒゼンダニの大きさはメス成虫で0.4mmくらいで、眼の良い人でもルーペでやっと見つけることができるくらいの大きさで、オスはさらに小さいです。昆虫と違って成虫の足は8本あります。
メスは交尾後、人の角層(あかになっておちていく部分)の中に数mmから数cmの横穴を掘りながら卵を産み続けます。この横穴を「疥癬トンネル」といい、疥癬に特有の症状のひとつです。主に手首の関節から先の手のひら、指間部、指にできます。メスはほとんどこのトンネルの中にすみ、1日に2~3個、1ヶ月以上も卵を産みつづけます。産みつけられた卵からは、3~4日で幼虫が孵化します。この幼虫は2週間程度で成虫となり、また卵を産みます。
幼虫やオスは、皮膚表面をうろついたり、一時的な穴を掘ったり、毛包内に一時的にすみついたりしますが、定まった生活場所はありません。いずれにしてもヒゼンダニの生息場所は角層内、もしくは皮膚表面に限られ、人から離れて長く生存することはできません。熱、乾燥に弱く、50℃では10分程度で死滅します。
スポンサーサイト

まあね、どこにでもいるんだよね^^;

デリカシーのない人はどこにでもいますよね~
でも直属の上司ときたもんだ^^;
困っちゃいますな・・・

星空を見るとなんだか悩みも何もかも吹っ飛んで落ち着いた気持ちになりますよw
是非見てみてくださいw
2006/02/10 23:56 |一葉 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。